岡山臨港鉄道105号

岡山臨港鉄道105   汽車会社前  1958年

三井製糖の操業開始に合わせて導入された.事情で約1年運用開始が遅れた.
デッドマン装置が省かれた他は.国鉄のDD13形6次と同一の仕様である.
後方の躯体だけになったコンクリートの建造物は汽車会社岡山工場であろう.
“汽車会社前”(後“南岡山”に改称)構内で見た時にピカピカの状態であった.
江若鉄道からDD1352を譲受けの時,連番のDD1351に改番された.
塗色も江若色に変えられたが,登場時から他の機関車と同じ濃緑色であった.
その後101号を除く他の機関車も,順次車体色は濃緑色から青色になった.
岡山臨港鉄道の機関車は汽車会社の黎明期のディーゼル機関車が揃えられた.
汽車会社岡山工場の人脈を継ぐ臨港鉄道として自然の成り行きであったろう.

江若鉄道DD1352
江若DD1352